旅行やハンドメイドについて綴ってます♪

国際線乗継航空券・国内線区間は往復1万円で予約できる!

ここではSFC修行にオススメな【国際線航空券+国内線区間往復1万円】の予約方法をまとめています。

予約方法はいたってシンプルで、分かっておられる方には当たり前な内容ではありますが、

予約クラス積算率を再確認しながら、詳しく説明していきたいと思います。

国際線乗継航空券は国内線区間も一緒に予約!

私が今回予約した航空券は那覇発-羽田(乗継)ーバンコク行往復分の全4区間の航空券。

この全4区間を同時に予約します。

仮に国内線区間とは別に羽田ーバンコク往復の2区間のプレミアムエコノミー航空券を予約した場合、運賃は最安値で約13万5000円となります。

そこに追加で那覇ー羽田の往復分を予約しようとした際、普通に予約をするとどんなに安くても往復2万5000円~3万円以上はしてしまいます。

しかし、国際線と一緒に国内線区間を予約すると那覇ー羽田の往復航空券が+1万円で予約できます。

片道ではなく往復です!つまり片道5000円。

よって、国内線も同時に予約した場合の航空券運賃は約14万5000円、別々に予約をすると約16万~16万5000円と大きく差が出てきます。

わざわざ那覇まで行って長い長い修行フライトをする価値のある、超お得な予約方法ってわけです。

ではさっそく予約方法を画像付きで説明していきます。

※写真はスマートホン用のサイトを使用していますが、予約方法はPCでも同じです。

国内線区間往復1万円+積算率100%の予約方法はコチラ

まず、ANAホームページもしくはアプリ【空席照会•予約画面を開きます。

今回は出発地【那覇】、到着地【バンコク】とします。

予約クラスはプレミアムエコノミーで検索します。
(プレミアムエコノミーを選択しても、国内線区間はエコノミークラスとなります。)

いろんな時期で検索しましたが、那覇ー羽田ーバンコク路線のプレミアムエコノミー運賃は、だいたい往復14万円台が最安値でした。

オレンジのマークが最安値のサインです。

自分のフライトスケジュールに合ったフライトを選択し、次に進みます。

羽田空港での乗り換えの際、プレミアムエコノミー利用時はANAラウンジが使えるので、羽田空港の乗り換え時間は2時間以上をおすすめします!

プレミアムエコノミーの最安値は【Super value】となります。

ここで、予約クラスに注目して下さい。

フライト1(那覇ー羽田)は予約クラスYとなっています。

予約クラスYは積算率100%、1区間毎に搭乗ポイント400ポイントが貯まる

エコノミークラスでは最上級の予約クラスとなります。

羽田ーバンコク間をエコノミークラスで予約した場合、国内線区間は予約クラスS・積算率50%になります!
PP単価:25→SFCには不向き!

フライト2(羽田ーバンコク)の予約クラスをみてみると、予約クラスはNとなっています。

プレミアムエコノミーの予約クラスはG・E・Nの3種類。

予約クラスG・Eの場合、積算率100%なのですが、予約クラスNは運賃が少しリーズナブルな分、積算率は70%に設定されています。

横の【Value plus】が予約クラスE積算率100%の運賃となります。

その差額18000円。

※予約クラスN積算率70%と予約クラスE積算率100%どちらがお得か?については、この記事の最後にまとめています♪

復路も同じように選択し、予約確認に進むと、こんな画面が出てきます。

これは国内線区間にプレミアムエコノミーがない事を説明しています。

確認ボタンを押して、あとは予約確認画面で予約内容を確認し、完了となります。

予約クラスN【Super value】と予約クラスE【Value plus】どちらがお得?

わかりやすく往路片道分でPP単価を比較してみました。

※PP単価=1プレミアムポイントを獲得するのにかかる費用

予約クラス 積算率 運賃 獲得PP PP単価
【Super value】N 70% 66890円 3412 19.60
【Value plus】E 100% 84890円 4703 18.05

羽田ーバンコク間では【Value plus】で予約クラスEを選択した方がSFC修行においてはお得!ということが分かりました!

【Super value】と【Value plus】には1万8000円の差額がありますが、やはり【Value plus】は積算率100%というのが大きいんですね。

私は予約時に少しでも安く!と【Super value】を選び、予約クラスNで航空券を買ってしまいました。

悔しいことに、正しい選択は【Value plus】でした。

ただし、今回は羽田ーバンコク路線のみの比較なので、別の路線ではまた違う結果になるのかもしれません。

航空券購入前に、もしかしたら少し高めの【Value plus】の方が結果的にお得かも!という意識を持って、運賃と獲得PPの比較をされることをおすすめします。

 

以上、国際乗継航空券+国内線区間往復1万円の予約ポイントをまとめさせていただきました♪