旅行やハンドメイドについて綴ってます♪

ANAの機内Wi-FiでNZeTA申請!

羽田→シドニー(乗継)→ウェリントンへの航空券を予約済みなのにも関わらず、ニュージーランド入国ビザ【NZeTA 】の申請をせずまま、経由地シドニー便へ搭乗。

離陸直前に調べた情報によると、ニュージーランド入国ビザの申請後認可がおりるまで、最長72時間かかるらしい。

って3日もシドニーに滞在しろってことですか…。

こんなモヤモヤした気持ちじゃ全然プレエコ楽しめない!笑。

『一分一秒早くビザ申請をした方が良いね!』

ってことで、ANA Wi-Fiサービスを利用させていただくことに。

ANA Wi-Fiサービスについて

ANAのWi-Fiサービスは決して安いとは言えない額ですが、そんなことも言っていられないので、離陸後Wi-Fiサービス開始とともに接続しました。


ANA Wi-Fiサービス詳細はこちら

機体によって少しプランが違うようですが、私たちの乗った機体のプランは

●30分:$6.95

●3時間:$16.95

フルフライト$21.95

の3つ。サクサクとまではいかないけれど、Wi-Fiの速度は問題なし。(アプリのダウンロードもできた!)

時間制の料金になりますが、ANAの公式サイトによると使用データ量による制限があり、制限容量データを超えた場合はWi-Fi接続が切れるのだそう…。

通信容量の目安は1MBあたり、ANAウェブサイトトップページ 約4ページ閲覧分
300文字程度のテキストメール 約200通分

との記載がありました。

支払い方法はクレジットカードのみとなります。

3時間コース$16.95を選択し、後日クレジットカードに1896円の請求が来ていました。

NZeTA(電子渡航認証)について

ニュージーランド入国ビザに関して調べまくり、わかったことは、

2019年10月以降、ビザ免除国であった日本からの渡航の場合も3ヶ月以内の観光の場合もビザが必要になり、【NZeTA(電子渡航認証)】の所得が義務化された。

●申請方法&申請料はオンライン(パソコン)だとNZD$12、モバイルアプリだとNZD$9(2019年12月現在)

●申請料以外にIVL(国際観光税)NZD$35も支払う必要あり。

★料金★

オンライン:NZD$47(約3350円)

モバイルアプリ:NZD$44(約3140円)

 

ただ、私たちの場合、モバイルアプリではうまく申請ができませんでした。機内のWi-Fiが弱かったからかな…。

●ビザは一度申請したら2年間有効ビザ取得後2年間は渡航回数に制限なし。

●ニュージーランド滞在日数プラス3カ月以上のパスポート残存有効期間が必要。

●今回は関係ないけど、ニュージーランド乗継で別の国に行く場合(ニュージーランドに入国しない場合も)ビザ申請が必要。

以上、ざっと調べた【NZeTA(電子渡航認証)】の情報でした。

3時間しかWi-Fiに接続できる時間がないので、とりあえず急いで3人分のビザを申請。

ビザの申請自体はすごくシンプルで簡単なものでした。

ビザの入力方法をこちら【NZeTA(電子渡航認証)申請方法】にまとめましたのでご参考までに♪


日本時間の0時前に無事3人分の申請を終えました。

申請を終えるとすぐにニュージーランド移民局(Immigration New Zealand)から【New Zealand Electronic Travel Authority E000000(ビザ整理番号) request received】というメールが来ます。

これでとりあえず申請は終了。

認可にどれくらい時間がかかるんだろう〜と不安MAXでしたが、もうあとはビザの認可を待つのみ。

機内サービスを楽しみつつ、ちょっと仮眠もとりつつ…シドニー到着を待ちました。

【NH879便プレミアムエコノミー搭乗記はのちほど♪】

 

シドニー時間10時5分、予定より10分遅れでシドニー到着。

準備済みのオーストラリア、ニュージーランドで使用可能なSIMカードを携帯に差し込み、早速メールチェック。

無事認可が下りれば、指定したメールアドレスにビザ発給許可通知が届きます

さてさて。ビザ発給許可通知メールは来ているのー?っと受信ボックスをポチり。

 

ビザ発給許可通知メールが…

 

きてたーーー!!!(半泣き)

 

ただ、3人ほぼ同時にビザ申請をしたのにも関わらず、ビザ申請受理メールが届いてからビザの認可が下りるまでの時間に、かなりバラつきがありました。

NZeTA申請から認可がおりるまでの所要時間

ビザ申請からビザ認可までの所要時間をまとめると、

私:申請受理メール23時30分/ビザ発給許可通知メール6時8分
《認可にかかった時間:
6時間38分

旅友:申請受理メール23時38分/ビザ発給許可通知メール5時58分
《認可にかかった時間:6時間28分

母:申請受理メール23時45分/ビザ発給許可通知メール0時47分
《認可にかかった時間:2時間2分

となりました。

1番最初に申請した私が1番認可が下りるのに時間がかかり、1番最後に申請した母が最速で許可通知メールが来ました。

この時間の差の理由は謎です。ニュージーランド移民局のみぞ知る!です。

唯一、これかな?と思うのは、認可に6時間かかった私と旅友は3年前に1度だけニュージーランドへの渡航歴ありこれは関係ないかもしれないけれど、オーストラリアでのワーホリビザ取得歴あり。

認可に2時間しかかからなかった母はニュージーランドへの渡航歴なし

渡航歴の有無でビザ認可の所要時間に差があったかは不明ですが、認可に数時間かかるのは間違い無さそうです。

そして所要時間はかなり個人差があります。(数十分でできる場合もあるらしいですが・・・)

余裕を持ってビザ申請をしておきましょうね。

 

まぁ、とりあえず無事許可通知が来て本当に本当に良かった。

これで安心してオーストラリアで一時出国できます。あとは、シドニー空港で再度チェックインをして、ウェリントンへの航空券を発券するのみ。

今回ばかりはANAのWi-Fiに助けられました!ありがとう!Wi-Fiサービス感謝です。

さて、早速荷物をピックアップし、シドニー空港の(荷物一時預かり所)にてスーツケースを預かってもらい、シティへ。

【シドニー空港の荷物預かり所についてはこちら】

 

お友達とランチを楽しみつつ8時間半のトランジットを満喫しました。

しかし、シドニー空港でのチェックインの際、またちょっとしたトラブルが…!

 

今回の旅はなかなかスムーズにいかない。。。

次項へつづく…