旅行やハンドメイドについて綴ってます♪

おうちで学べる日本ヴォーグ社の【ホームソーイング通信講座】

今更ながら【日本ヴォーグ社】【ホームソーイング通信講座】を受けてみることにしました。

こちらの講座は6つの課題作成を通して、手縫いとミシン縫いの基礎を学ぶことができます。

ただ作成するだけではなく、作成した課題を提出し、講師の先生から作品の評価やアドバイスがいただけます。

【ホームソーイング講座】受講のきっかけ・・・

いままでいろんな作品を作ってきたのですが、全て独学の我流。

個人で楽しむには特に不便もなかったのですが、おそらくこれから一生自分の趣味であり続けるソーイングを、基礎の基礎からちゃんと学びたいと思い、とりあえず最初の一歩として日本ヴォーグ社のホームソーイング通信講座を選びました。

アイロンのかけ方、まち針の刺し方、生地の裁ち方等、何気なく行っていた手技1つ1つにもちゃんと細かな決まりがあるんですよね。

ある程度いろんなものを作ってきたので、知っている知識も多いかもしれませんが、少しでも新たな発見や今後の課題が見つかる通信講座になれば良いなぁと思っています(*^^*)

ちなみにこちらの通信講座は通学コースもあります♪
ただしヴォーグ学園がある首都圏のみw

ホームソーイング通信講座を終えて、さらならステップへ進みたい方は通学コースの高等科、講師科へ進むことができます。

今年は旅行にも行けそうにないし(;_;)高等科まで受講したいところ。。。(*'ω'*)

通信講座/通学コースの受講料は?

おうちでゆっくり通信講座で学ぶも良し、お近くにヴォーグ学園があれば通学して直接講師の先生から、教わることもできます。

どちらもメリット/デメリットがあるのですが、驚くのはその受講料の違い!

通信コース(ホームソーイング通信講座)18858円+税

通学コース(ホームソーイング本科)60480円+税

確かに通学コースはミシンの使い方から生地や糸の違い、裁縫の基礎の基礎を直接先生に聞けるという最大のメリットがあります。

ただこの約4万円の受講料の差は悩みますね。。。(笑)

以下は通学コースの流れです。

ヴォーグ学園公式サイトより引用

通信講座の資料請求/受講申し込みはこちらから申請できます。

通学コースはこちらのサイトをご参照下さい。

今なら講座申し込みで高級マチ針のプレゼントがつくそうです。

ということで、早速受講申し込みをしてみました。

スピーディ発送!3日で教材が届く!

木曜の深夜に申し込み金曜の日中に教材発送土曜の午前中に教材到着と、申し込みからわずか3日間で手元に教材一式が届きました。

届いた教材一式がこちら。

テキストや提出課題用の型紙、DVD、ファブリック帳、初回の提出課題【アームピンクッション】の材料などなど。

そしてプレゼントのまち針も同封されていました。

ちょうどまち針を買い替えたい時期だったので嬉しいプレゼントです!

大量に入っていましたが、少し短め&細めのまち針です。

ファブリック帳も欲しかったから嬉しい。

ファブリック帳の後半は白紙になっていて、自分で使用した生地を貼ってオリジナルのファブリック帳にすることができます。

 

さっそく最初の提出課題【アームピンクッション】を作ってみることにしました。



提出課題①【アームピンクッション】

6つの課題の中で、唯一全て手縫いで仕上げる課題です。

こちらの課題だけは最初から材料が用意されていました。

型紙も付いているので、裁断も簡単です♪

生地はチェックと水玉のリバーシブル。どちらを使ってもOKと書いてありました。

ドミット芯をぐし縫いして綿をいれます。

まん丸のクッションが完成。

ちなみにこれを2つ重ねて目とマフラーをつけると、雪だるまができます⛄️
軽いのでクリスマスツリーにも飾れますよ♪

今度は生地の中に先程のクッションと厚紙2枚を入れて、再度ぐし縫いします。

残りの厚紙1枚もぐし縫いして、本体と底ができました。

底にゴムテープをつけて、まつり縫いで本体と縫い合わせます。

チマチマした手縫いは毎日刺繍をしているから得意分野

せっかくのリバーシブル生地なので、クッションは水玉模様、底はチェックで作ってみました。

ポンポンテープを星止めで縫い合わせて、出来上がりです。

ポンポンテープをつけるので、まつり縫いは少々雑でも見えませんね(^^)

アームピンクッションを作成した感想

作成時間は生地の裁断から出来上がりまで、約1時間半でした。

裁縫慣れしている方は1時間くらいで作れると思います。

特に難しいポイントはなく、縫い方はぐし縫い、まつり縫い、星止めの3つだけなので1つ1つの手技を丁寧に行えば誰でも作成できる作品です。

ぐし縫いをする時に玉留めが小さいと糸が抜けてしまうため、少し大きめの玉を作ると良いと思います★

最初の提出は、あと【鍋つかみ】ワンハンドルバッグ】の2点を作成して、3作品まとめて提出です。

ゆっくりホームソーイング講座を楽しみながら作成していきたいと思います(*^^*)

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

ブログランキングに参加させていただいています。
ポチっとよろしくお願い致します(*^^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


裁縫・刺繍ランキング