旅行やハンドメイドについて綴ってます♪

全タイプのマスク収納可能!一番簡単なポケット付きマスクケースの作り方

使い捨てマスクや手作りの布マスクをそのままカバンに入れて持ち歩いていませんか?

今回は普段の持ち歩きに最適なマスクケース(マスクポーチ)の作り方をご紹介したいと思います。

普通のコットン生地やラミネート生地で作成されているポーチがほとんどですが、私は傘やレインコートで使用される生地と全く同じナイロン生地で作成しました。

撥水機能があるので、汚れにくいのはもちろん、アルコールでサッと拭き取れて、手洗いも簡単です♪

ではさっそく、【ポケット付きマスクケースの作り方】をご紹介したいと思います。

ポケット付きマスクケース作り方

マスクケース必要物品

生地(本体):横23cm×たて13cm 2枚
ポケット用生地:横23cm×たて11.5cm 1枚
タグ用生地:横5cm×たて10cm 1枚
20cmファスナー 1本
Jasmine
ポケット生地や本体生地の1枚を別の柄に変えて作っても可愛いですよ♪

ミシンの押えを【ファスナー押え】に換える

裁縫慣れしている方はここは飛ばして下さい♪

生地の裁断が終わったら、最初にファスナーをつけていきます。

ミシンの押えを【ファスナー押え】に換えます。

ファスナー押えを使うときは針が押えにあたらないか確認をしてから縫い始めてください!
直線縫いには【中央縫い】や【左縫い】を選べます。
針の位置とファスナー押えをうまく設定しないと針が押えにあたり、針が折れて事故につながります。
正しく設定をして、確認をしてから縫い進めましょう♪

ファスナーをつける

ファスナーと本体生地1枚を中表に重ねます。

ファスナーを付けるときにファスナーの端を写真のように三角に曲げておくと、角がキレイに仕上がります。

私は手芸用クリップを使っていますが、角はまち針で固定した方がズレが少ないです♪

安全で使いやすい手芸用クリップ。5・7・10mmの縫いしろ幅の目安を図れる便利な目盛付き。

最初は縫いにくいと思うので、最初にファスナーだけを三角に縫っておいても良いと思います。

縫い代5㎜~7㎜のところをまっすぐ縫っていきます。

途中、ファスナーが邪魔をして縫いにくくなるので、一度押えをあげてファスナーの位置をずらしながら、縫い進めて下さい。

最後は最初と同じようにファスナーを三角に折って縫います。

もう一枚の本体生地を同じようにファスナーと中表で重ねます。

ひっくり返すと、画像のようになっています。

同じようにファスナーの端を三角に折り、縫い代5mm~7mmのところをまっすぐ縫っていきます。

表に返すと下の画像のようになっています。

後ろにある最初につけた生地を一緒に縫わないように気を付けて下さい。

続けて、ファスナーと生地を表から縫っていきます。

下の画像を参考に端から2mmのところを縫います。

後ろのファスナーが内側に折れていないか確認をしながら縫っていって下さい。

これでファスナーつけは完了です(*^^*)

ポケットをつける

続けてポケットを作っていきます。

裏面を上向きにして置き、上から1cm折って固定します。

ナイロン生地やラミネート生地はほつれることが少ないため1回折りで大丈夫ですが、普通の生地の場合は2回折って布端を隠して縫って下さい。

折ったところを縫っていきます。

できるだけギリギリを縫ったほうがキレイです。

続けてポケット生地を本体生地につけていきましょう。

本体生地のどちらか好きなほうに重ねて、両端を縫い代1cmで仮縫いします。

完成したポーチをイメージして、下の画像のように本体生地ににそのまま重ねて下さい。

これでポケットつけは終了です♪

タグをつける

次はタグつけです。

まずはタグを作ります。

タグ生地を画像のように折り曲げて縫います。

ナイロン生地はほつれが目立たないため、下の画像のように3回折り曲げても大丈夫です。

端から2~3mmのところを縫ったら、タグの完成です。

続けて、タグを本体生地に仮縫いしていきます。

画像のように、少し本体生地からはみ出すように固定して、タグだけ仮縫いします。

本体生地の周囲を縫う

あと少しで完成です♪

ファスナーを半分開けた状態で、生地を中表で重ねます。

ここでは、生地の下部を合わせるのではなく、ファスナーの位置を基準として合わせて下さい。

このファスナーの端をしっかり合わせるのがポイントです。

ひと手間増えますが、ズレないように手縫いでしつけをすると、ズレ防止になり完成がキレイですよ!

中心をしっかり合わせたら、左右と下部の3辺の周囲を縫い代1cmで縫っていきます。

縫い終えると、縫い代の長さがバラバラになっているので、縫い代を切って整えます。

あまり切りすぎると、ほつれてしまう可能性があるため5mmは残すようにして下さい。

画像のように角は丸くカットします。

表に返して完成

ファスナーの開いたスペースから表に返して、形を整えます。

返しにくい角は先が尖っていない箸などを使うと、キレイに返せます。

できましたー♡

ファスナー部分にはもちろん、ポケットにも使い捨てマスクがすっぽり入ります。

立体マスクも収納可能です。

2つポケットがあることで、キレイなマスクと使用後マスクを分けられます。

撥水加工済みのナイロン生地なので、汚れも目立たず、使用後にアルコールでサッと拭き取ることも可能ですよ♪

ナイロン生地の購入場所

色々と手芸店を巡りましたが、ナイロン生地は大きな手芸店でも品揃えが少ないです。

おまけに可愛い生地が少ない・・・。

こちらの生地はインターネットで購入させていただきましたが、とてもしっかりしたナイロン生地で、お買い物用のエコバッグやペットボトルカバー、撥水バッグ等、色々と応用が可能な生地でした♡

ラミネート生地よりお安いのも嬉しいです♪

レインコートやエコバッグなどに!素敵な北欧調フラワー柄&サークル柄の撥水生地が登場!

オシャレな北欧風生地が豊富ですよ♪

 

以上、ポケット付きマスクケースの作り方でした(*^^*)

いつもご覧いただきありがとうございます★

 

ブログランキングに参加させていただいています。
ポチっとよろしくお願い致します(*^^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


裁縫・刺繍ランキング